在籍確認で落ちることもある!?

カードローン審査において、「在籍確認」という項目があります。

 

よく耳にする言葉かもしれませんが、在籍確認ができなかったら審査に落とされることもあるので注意が必要です。在籍確認とは何か、また、審査に落ちるとはどういうことなのか詳しくみていきたいと思います。

 

記載されている職場で働いているかどうか

「在籍確認」はあなたが働いている場所に金融機関が電話をし、本当にそこで働いているかどうか確認することです。安定した収入がある人だけしかカードローンを利用できないため、在籍確認は大切なチェック項目といえます。

 

在籍確認ができないと審査に落とされるでしょう。

 

直接電話口に出ることができなくても会社の人が対応してくれたおかげで在籍確認をクリアすることができたという人もたくさんいます。

 

外回りや営業をしている人はなかなか在籍確認を自分でとることはできないはずです。
そこで、申し込みをするときにあらかじめ金融機関に時間指定をすることをオススメします。

 

オフィスの中に誰もいなかったから在籍確認ができなかった…ということがないように、自分が必ずいる時間帯を指定すると良いです。

 

そうすれば金融機関もその時間帯に電話をかけてきてくれます。
自分でしっかり在籍確認をした方が安心ですね。

 

金融機関名は言わないので安心

ほとんどの在籍確認は金融機関の名前は言わないので安心してください。

 

在籍確認で会社の人にバレてしまうのではないかと不安に思う人が多いですが、基本は担当者名の名前で電話がかかってくるので心配はいりません。

 

しかし、それでも不安に思っているのであれば在籍確認を免除してくれるカードローンを選ぶと良いでしょう。在籍確認がないカードローンは実はあります。

 

ある条件さえクリアしておけば在籍確認をする必要がないのです。

 

自分がオフィスにいない時間が多いから在籍確認はしてほしくない…と思っている人にはオススメです。そのようなカードローンを利用する場合は、どのような条件であれば在籍確認が免除されるのかしっかり確認したうえで申し込みをしてください。

 

審査に通りやすいカードローンはココ