有利な属性について

カードローンの審査をおこなうとき、個人の“属性”を金融機関はチェックすることになります。
“属性”という言葉は何なのか、はじめて聞く人もいるでしょう。
カードローンを利用するまえに属性について少しお話したいと思います。

 

いろんな項目がある“属性”

属性にはさまざまな項目があります。年齢、年収、勤続年数、雇用形態、職業、取引状況、家族構成、住居形態、経営状況などなど、これらが属性です。

 

金融機関はその人の属性をみてお金を貸しても良い人かどうか判断することになります。
人それぞれ属性は違いますが、カードローンに有利な属性となる内容は決まっているので確認しておきましょう。とくに注目してほしいのが、「年収」「勤続年数」「雇用形態」です。

 

勤続年数が多ければ多いほど安定した収入があり、ずっと働き続けているため年収アップが期待できます。もちろん、年収が高い人ほどカードローンの申し込みには有利でしょう。

 

そして雇用形態ですが、アルバイトやパート・派遣社員よりも正社員が圧倒的に有利になります。
正社員以外は不安定な雇用形態であるため、景気が悪くなれば職を失う可能性があるからです。

 

ということは、正社員でも普通の会社員ではなく、不景気に影響されない「公務員」が1番待遇される職業といえるのではないのでしょうか。

 

属性スコアリング

基本的に有利な属性はだいたいどこの金融機関も同じですが、詳しい内容はそれぞれ違っています。
金融機関には独自の“属性スコアリング”があるのです。

 

属性スコアリングとは属性を総合的に判断し、つけている点数のことを指しています。

 

属性スコアリングをクリアした者しか審査に通過することができないとされており、点数に達しなかった者は審査に落とされることになります。

 

点数は公開されているわけではないので調べることはできません。

 

しかし、自分の属性を確認してどのカードローンであれば審査に通過することができるのか、おおよそのことは予想することができます。

 

カードローンの申し込みをするまえに自分の属性をぜひチェックしてみてください。

 

審査に通りやすいカードローンはココ