総量規制と審査【カードローンの基礎知識】

カードローン審査に通過するためには、基礎知識を身につけておくことが大切です。
基礎知識のなかでもとくに「総量規制」は知っておきたいポイントです。

 

総量規制は審査にも大きく関わってくることなので、カードローンの利用を考えている人はぜひチェックしてください。

 

総量規制とは?

「総量規制」という言葉を初めて聞く人も多いと思います。
収入の3分の1以上の金額を借りてはいけないと定められた貸金業法のことを指しています。
貸金業にのみ適用されるため、銀行は関係ありません。

 

銀行のカードローンは収入の3分の1以上でも借入れがOKとなっています。
消費者金融は貸金業法にひっかかるのでNGです。

 

よって、カードローンの限度融資額は消費者金融よりも銀行の方が大きめの金額に設定されている傾向がみられます。いろいろな用途で使用したい人は限度融資額が大きい銀行のカードローンが良いでしょう。総量規制対象となっている消費者金融は自分の収入の3分の1以内しかお金を借りることはできませんので注意してください。

 

例えば、年収が600万円の場合、カードローンの融資額は200万円以内になります。
総量規制は多重債務者を抑制する大事な役割を担っています。

 

●審査に影響する「総量規制」

初めてカードローンを利用する人であれば問題はありませんが、他社から借入れをおこなっている人は気をつけておかなければならないことがあります。

 

審査において、収入の3分の1を超えていないかどうか、現在の借入れもみられることになるからです。現在の借入れがまだ100万残っているのであれば、100万+希望する借入れ額が収入の3分の1以上になっていないかどうか確認されます。

 

収入だけが目安として入るのではなく、借入れもそのなかに入るので注意が必要です。
できるだけ審査に通りやすくするためにも借金ははやめに返済することをオススメします。

 

総量規制は結構やっかいなものとなっていますが、借金を増やさないようにするためには大切なものです。しっかりチェックしておきましょう。

 

審査に通りやすいカードローンはココ