申し込みに必要な書類

カードローンの申し込みには必要な書類が2つあります。

 

それは、「本人確認書類」と「収入証明書」です。これらの書類はカードローン審査において必要不可欠なため、金融機関において当てはまる書類を用意しなければなりません。

 

どのような書類になるのか、詳しくみていきたいと思います。

 

“本人確認書類”は絶対に必要なもの

「本人確認書類」はカードローン申し込みにおいて絶対に提出しなければならない書類となっています。ほとんどの金融機関では、免許証・保険証・パスポートのどれかを提出するように記載されているのです。申し込みをした人と実際にお金を借りる人が同一かどうか、記載されている住所が一緒かどうか金融機関はしっかり確認します。

 

そこでもし違いがあれば審査に落とされることになるので注意してください。

 

本人確認書類のコピーをとるときは現住所と記載されている住所が一緒かどうか確認しておきましょう。とくに、最近引越しを経験した人は要注意です。

 

また、外国人や学生がカードローンを申し込む際、本人確認書類はさきほど挙げた3つのほかにも提出しなければならない書類があります。

 

学生の場合は学生の証である「学生証」、外国人の場合は「外国人登録証明書」が必要です。

 

借入額に応じて必要になる“収入証明書”

収入証明書は借入額によって必要になるか、それとも提出しなくてもいいのか変わってきます。

 

金融機関によって提出しなければならない借入額は決まっており、300万円以上だったり、500万円以上というように変わるので注意してください。

 

総量規制の問題から銀行よりも消費者金融の方が可能性としては高いです。

 

また、例えば主婦やアルバイトといった収入が低い人たちが多額のお金を借りるとき、本当に返済ができるかどうか確認するために収入証明書が欠かせません。

 

専業主婦は収入がまったくないので配偶者の収入証明書を提出しなければカードローンを利用することはできないでしょう。自分が借りたいお金が収入証明書が必要になるのか、きちんと確認してから申し込みをしてください。

 

審査に通りやすいカードローンはココ