カードローンの審査に落ちた

1枚持っておけばいざというときに大活躍してくれる“カードローン”。

 

カードローンを利用するためには金融機関の審査に通過しなければなりません。
審査に通過するためにも審査基準について知っておきましょう。

 

クレジットカードの返済をきちんとしているかどうか

審査に通過する人としない人の大きな差は“金融機関の利用履歴”です。信用情報と呼ばれている情報を金融機関は必ずチェックし、あなたの今までの利用履歴をすべて見ることになります。

 

そこでとくに注目されるのが「クレジットカードの履歴」です。
クレジットカードを使ってお買い物をする人も多いと思います。

 

そこできちんと返済しているかどうか確認することで、カードローンを利用してもきちんと返済できるかどうか判断しているのです。クレジットカードで支払わなければいけないお金を滞納していたり、遅延したことが1度でもあればその分、審査に通過することは難しくなるでしょう。

 

金融機関に関わるすべてのことはきちんと守っていかなければなりません。

 

安定した収入があるかどうか

カードローンに申し込みができる人は“安定した収入がある人”と決められています。
これは消費者金融でも銀行でもすべての金融機関に共通していることです。

 

毎月数万円でも良いので収入がなければ安定した収入と認めることはできず、返済能力がないとみなされてしまいます。
安定した収入がなければカードローンを利用することはできません。

 

無職の人はまずアルバイトをしましょう。

 

アルバイトやパートは毎月数万円しか収入はありませんが、安定した収入があるということになります。しかし、借りることができる限度額は非常に低くなってしまうのがデメリットです。

 

まずはここをクリアしなければ申し込みをしても100%審査に通ることはありませんので注意してください。また、収入によっては希望の金額を借り入れることができないケースもあります。審査基準を知るまえに自分の収入に見合った借入れ額はどのくらいなのか知っておくと良いでしょう。

 

審査に通りやすいカードローンはココ