消費者金融の審査基準

利用する人が年々増えてきている“消費者金融”。

 

従来の消費者金融はなんとなく借りにくいとイメージが強かったのですが、最近の消費者金融は大手銀行と提携していたりして身近な存在となりつつあります。

 

カードローン初心者でも大手の消費者金融なら安心して借りることができるのではないのでしょうか。消費者金融の審査基準について詳しくみていきたいと思います。

 

銀行よりも審査に通りやすい!?

よく、銀行よりも消費者金融の方が審査が通りやすい、審査基準が低いといわれていますが本当なのでしょうか。これは「金利」が大きく関係しています。

 

お金を借りると必ず金利が追加されることになり、元金+借入れ日数にあわせた金利が毎月の返済額となります。よって、できるだけ返済の負担を減らしたいのであれば金利が低いところを選ばなければなりません。

 

消費者金融よりも銀行は金利が低いため審査が厳しく、そして銀行のカードローンに落ちた人が消費者金融を利用することから審査基準が銀行よりも低くなっているのです。

 

銀行よりも消費者金融の方が審査が通りやすいのは「金利」がカギとなっていました。

 

消費者金融の審査基準は銀行よりも低いですが、それでもある一定の基準はクリアしておかなければなりません。例えば、毎月安定した収入があること、収入に見合った借入れをするなど、とくに“属性”は消費者金融でも重要視されます。

 

信用情報を閲覧しない消費者金融もある

実は、信用情報機関に登録しているとお金を支払っていかなければなりません。

 

消費者金融のなかにはお金を支払っていかなければならないため、信用情報機関に登録していないところもあります。そのようなところは信用情報ではなく、個人情報や属性からみてスコアリングをおこなっていくことになります。

 

自社で決めた属性スコアリングに達しているかどうか調べることになるのです。

 

もし、信用情報にキズがついてしまっていてもそのような消費者金融であればカードローンが利用できるかもしれません。しかし、高金利や無理な契約で不正を働く業者もたくさんあります。

 

自分で信用できる消費者金融かどうかしっかり確認し、判断をしてから契約をするようにしてください。実際に怪しい消費者金融でお金を借りて高金利を請求された、お金をムダにとられてしまったという報告が増えています。

 

失敗することがないように気をつけておかなければなりません。

 

審査に通りやすいカードローンはココ