審査に通りやすい・通りにくい時期とは?

カードローンの審査のポイントについてお話したいと思います。実は、カードローン審査に通過しやすい時期・通過しにくい時期があることを知っていますか?

 

「そんなのあるわけないじゃん!」と思っている人が多いのですが、“審査に通りやすい時期”は意外とあるのです。少しでもカードローンの審査に有利な状況にするためにも審査のポイントを掴んでおきましょう。

 

審査に通りやすい時期とは?

気になる、審査に通りやすい時期について説明します。
審査に通過しやすい時期はつまり、“金融機関が暇なとき”です。

 

連休やゴールデンウィーク前、お正月・クリスマス前といった長期休暇に入るまえの金融機関はとても忙しくなります。利用客が一気に増えるため、金融機関も大忙しになってしまうのです。

 

とくに、消費者金融は消費者にお金を貸していかなければなりません。

 

利用者が多ければ多いほど儲けもたくさんありますし、会社をスムーズに運営させていくことができます。審査に通りやすい時期=金融機関が暇になるときです。

 

ボーナスが出る6月・12月は金融機関を利用する人が減ってしまうのでそのときこそ審査に通るチャンスと思っておいて良いでしょう。利用客が減るときこそチャンスです。

 

急を要していない人は利用客が減るであろう月に申し込みをすることをオススメします。そうすれば忙しい時期に申し込みをするよりも審査に通る可能性がアップすること間違いありません。

 

繁忙期はできるだけ避けること

逆に、5月や8月といった連休・長期休暇がある月はもっとも消費者金融・銀行が忙しくなる時期となっています。即日融資が可能なはずなのに審査に何日かかかってしまったりすることもあるようです。

 

あまりに忙しい時期に申し込みをしてしまうと少し引っかかりを見つけただけでカードローン審査に落とされてしまうでしょう。そのようなことがないためにも、繁忙期は避けて申し込みをしなければなりません。

 

5月・8月は避けるようにしてください。

 

大手は人手が足りているかもしれませんが、中小の金融機関は人手が限られています。
キャパが少ない分、審査に時間がかかってしまうので注意が必要です。

 

審査に通りやすいカードローンはココ