銀行カードローンの審査基準

1番私たちの生活に身近な存在といえる“銀行”。
初めてカードローンを利用する人は誰でも最初に銀行のカードローンを選ぶと思います。

 

そこで、銀行カードローンの審査基準について調べてみました。
申し込みをするまえにチェックしておくと良いでしょう。

 

信用情報にキズがあるとNG

銀行カードローンは金利が低く設定されているため、審査が厳しい傾向がみられます。
とくに最重視される項目は「信用情報」です。

 

他社から借入れをおこなっているかどうか、ブラックリストに記載されていないか、遅延をしたことがあるかなどなどいろいろなことを調べあげます。

 

信用情報に何かしら引っかかることがひとつでもあれば高確率で審査に通過することはできません。

 

銀行は安心してお金を貸すことができるかどうか、消費者との“信頼性”を大切に思っています。お互いが信頼してお金の貸し借りをしなければ銀行も潰れてしまいますので慎重に審査をおこなっているのです。

 

返済能力の有無

申込者に返済能力があるかどうか、銀行はチェックすることになります。
返済能力の有無が確かめられるのは「収入」「職業」「勤続年数」「雇用形態」のような項目です。

 

とくに収入と勤続年数は重要な項目となるでしょう。

 

収入が高ければ高いほど、借入額も大きくなりますし、返済能力があるとみなされることになります。しかし、収入が低いにもかかわらず多額のお金を借りたいと言ってくる人は返済計画も能力もなしと判断され審査に落とされるでしょう。

 

自分の収入に見合った借入額をしっかり把握しておかなければなりません。
アルバイトやパート・主婦でも銀行カードローンを利用することはできます。

 

審査に通過するためにも自分でしっかり返済計画をたてることが大切です。

 

社会的地位がある人は通る

カードローンを利用することができる人の条件に「安定した収入がある人」と記載されているように、社会的安定性のある人は審査に有利になります。

 

社会的安定性がある人というのは、公務員や正社員のことです。
毎月安定した収入があってもアルバイトやパートというのは不安定な地位となっています。

 

派遣社員も同じようなものです。不景気になると1番にコスト削減としてカットされるのは正社員よりもアルバイトやパートが先になってしまうでしょう。

 

銀行カードローンは社会的地位に大きく関わってくることになるでしょう。

 

審査に通りやすいカードローンはココ